「体感があった=ヒーリングが為された」と言える?

ヒーリングを受ける際に、体感があったかどうかを重視する方は一定数います。

そういう方たちは、

  • 体感があった=ヒーリングがちゃんと為された
  • 体感がなかった=ヒーリングが為されなかった

と判断しがちなようです。

しかし実際は、体感があったかどうかと、ヒーリングが為されたかどうかは必ずしも一致しません。

目次

エネルギー的な働きかけを感じ取れる感性を持っていますか?

そのように言える理由は、エネルギー的な働きかけを感じ取れる感性を誰もが持っているわけではないからです。

ヒーリングで用いられるエネルギーを感じることができない人は世の中に一定数います(むしろそういう人の方が大半かもしれませんが)。

そして、エネルギーを感じることができない人が何も感じられなかったからといって、エネルギー的な働きかけがされなかったとは言い切れませんよね?

エネルギーを感じられない人が「ヒーリングをしてもらっても体感がなかったから、このヒーリングには効果がなかった」と言うのは、味覚がない人が「この食べ物は味がしないから、元々これは味が無い食べ物なんだ」と言うようなもの。

何も感じられなかったからと言って、ヒーリングが為されなかったとは必ずしも言えないんです。

低めの波動の方が体感として感じ取りやすい

エネルギーを体感として感じるということについては、エネルギーの高低も関連してきます。

物理的な音では、高めの周波数の音は聞き取りにくく、低めの周波数の音は身体に響いて分かりやすいですよね。

エネルギーもこれと同じで、高めの波動は感じ取りにくく、低めの波動だと体感を伴って感じ取りやすいという性質があります。

そして、高めの波動まで感じ取れるようになるためには得てして訓練を必要とします(慣れてくると高めの波動も体感として感じられるようになっていきます)。

ですので、低めの波動に慣れ親しんでいて、高めの波動を感じ取ることができないままの人だと、高めの波動を送られても「何も感じなかった(=低めの波動に伴うような体感がなかった)ので、何も送られていない」と判断してしまいがちです。

逆に、低めの波動を送ってもらうと「体感がすごかった!強いエネルギーを送ってもらえた!本物だ!」と判断しやすい傾向があるんですよね。

(※誤解のないように書いておくと、ここでの「高め」「低め」という表現は相対的なものであり、「一般的には高波動と言えるが、高波動という括りの中では低めの波動」というものもあります。なので、体感があったからといって、相対的ではなく絶対的な意味合いでの「低波動」を送られたとも限りません。)

つまり、ヒーリングに用いるエネルギーの高低によっては、体感がそもそも伴いにくいものもあるんです。

素朴な体感だけを重視する方は、こういった事情を見落としているかもしれません。

まとめ

ですので、ヒーリングを受ける際には、体感があったかどうかだけを判断基準にしない方がいいと思います。

高い波動でもしっかりと体感として感じ取れる方であれば、体感があるかどうかを気にしてみてもいいかもしれません。

ですが、そうでもない方であれば、体感があったかどうかだけでヒーリングが為されたかどうかを正確に判断しきれないはずだというのが本当のところです。

体感があったかどうかだけでヒーリングが為されたかどうかを判断するよりは、ヒーラーの側からのフィードバックや、日常生活における変化などに注目して判断した方が妥当かと思います。

ヒーリングをお受けになる際の参考になれば幸いです。

 

……とヒーラーの側が言ってしまうと、「本当はヒーリングができないのをごまかしているだけだ」と捉えてしまう人もいるらしいです。

「もっとエネルギーを感じ取れるようになりたい」と日々修練を重ねている人たちがいる。

その一方で、エネルギーを感じ取る感性を開発していないのは自分の側なのに「何の体感もなかったからこのヒーラーは大したことない」と批評してしまう人たちもいるらしく。

この世界には色々な人がいますね。

目次
閉じる