「非常に納得感のある状態で、三日間を過ごすことが出来ました」(シータヒーリング基礎DNAセミナーご感想)

シータヒーリング 基礎DNAセミナーをご受講された方からご感想をいただきました。匿名でご紹介いたします。


“ まず、講座の感想としましては、本当に分かり易かったです!!

 セッション中だけでなく、休憩時間にも色々と質問させていただいたのですが、一つ一つに丁寧にお答えいただけたお陰で、非常に納得感のある状態で、三日間を過ごすことが出来ました。

 

 三日間の講座を振り返って、自分の中でつよく印象に残っていることがふたつあります。

 まず一つは、カネコ様から自分に対して、デモセッションしていただく機会があったこと。

 また二つ目は、「”この時間は何がしたいですか?”と訊かれる」ことが度々あったことです。

 なので、その二つについて、重点的に感想を記させていただけこうと思います。

 

 最初に、何よりびっくりしたのは、デモセッションを受けて本当に体が軽くなったことです。

 こんなに自分の物の捉え方が変わるなんて、シータヒーリングはすごいと、初心者として驚きと感動を覚えました(自分はこれまで、みっちりとしたシータヒーリングセッションを受けたことは無かったのです)。

 今までの自分には、頭ではやらなきゃいけないと分かっているのに、やろうとするとすごく億劫になることが山ほどありました。例えば選挙会場に行くのも面倒臭いと感じていましたし、小さなことでは、毎日料理をするのも億劫でした。

 それが、セッションを受けた後には、そのイヤイヤ感が無くなっていました。

 何やら自分には「人類は駄目なものである(から、自分が良くなると他人と調和することができない)」という思い込みが入っていたらしいので、それが取れたのがすごく大きいのだと思います。

 

 それから、今回の講座では割と『シータそのものには関係のない質問』をさせていただく時間が多かったように感じられました。「この時間は何をしたいか訊いたほうがいい、と創造主に言われている」とカネコ様が仰っていたことが、二、三回あったので、その時尋ねたいことをお尋ねしたら、そのような形になることが多かったです。

 少し話が飛びますが、私はスピリチュアルを、師匠や、疑問を尋ねられる相手を持たない状態でこれまで学んでいました。ネットに落ちている情報を読んだり、シュタイナーの本を読んだりと、色々なところをつまみ食いするような形でスピ情報を得ておりました。

 なので、基礎DNA講座当日には色々と『自分がかねてより疑問に思っていたスピ的な事柄について』尋ねさせていただきました。

 その結果「あなたが考えていることは、事実ではなく、あなたの思い込みです」というようなニュアンスで、こちらの持っている考えをズバリ正される、といったことが何度かありました。

 その結果思ったのは、これはつまり、霊視のできない状態で情報だけを山ほど取り込んだ結果、自分は自分の中でトンデモスピ理論を作り上げてしまっていたのだなぁ、ということです。

 なので、こういった霊的事象を、霊視が出来て、尚且つ体系のあるモダリティを学ばれた方の下で教わることは、自分にとってはすごく必要なことだったような気がしました。

 もしこの基礎DNA講座に出なかったら、自分は思い込みを正してもらえる機会を得られずに人生を終えていたのかもしれないと思うと、空恐ろしいような気がしました。誤解を他人に吹聴して生きるアララな人になっていたかもしれないのだなあ……と思うと絶句です。

他人の誤解(それも霊的な)を解くというのは、手間が掛かることだったと思うのですが、しっかり説明くださったカネコ様には、感謝しかありません。

 以後は霊的なことについては、自分の頭で考えるというより『創造主に尋ねる』『霊視をする』という段階を挟んで、なるべく誤解を増さない方向で理解を深めていこうと思っているところです。

 

 今はやれるところから始めてみる形で、創造主に繋がる訓練をしています。時間を見たり天気を見たりなどといった、小さなことで未来予知をしてみて、当たった時の感触と当たらなかった時の感触の違いを確認したりなどです。

まだチャネリングが当たらないこともあるのですが、当たっていることもちゃんとあるので、どうやら自分は本当に創造主にチャンネルを合わせられているらしいぞと、日々確信を深めているような感じです。当たる度に感動と驚きがあります!

こんな体験が、あの受講料と3日間で得られるなんて、有難すぎる。シータヒーリングのある時代に産まれて本当に良かった……なんて思ったりしています。

 またシータヒーリングを学ぶに際して、スピリチュアルな事柄を、論理的にお話をしてくださるカネコ様から受講させて戴けたことも、自分にとってはすごく良いことだったと感じます。説明の最中に交えていただいた例え話の数々も、本当に分かり易かったです。

 この度は、お時間を作っていただき、またお金に換えられない経験をさせていただき、本当にありがとうございました。”


書籍やインターネットなどで、霊的事象についての情報が比較的入手しやすくなっている現代。

そうやって霊的事象について情報を得ることは何ら間違ったことではないと私は思います。

しかし同時に、又聞きの又聞きが積み重なって歪んだ理解になってしまう……という事態が起こるように、

霊的事象を直接霊視したわけではないのに、必ずしも正しいばかりとは限らない情報だけが蓄積されていき、霊的事象について正しいとは言えない理解が本人の中で出来上がってしまう

というリスクもあります(こうしたリスクは何も現代だけに限ったものではないでしょうが)。

シータヒーリングでは霊的事象を直接「観る」技術を学びますし、何より、世界の根本創造主を介して霊的事象の「真実そのもの」にアクセスすることを学びます。

(これはまた、スピリチュアルが人間の思いついた「思想」などではなく、むしろ霊的事象には厳然たる真実が存在しているということでもあります)

霊的事象の真実を知りたいと願う人にとって、これは極めて有益だと思います。

その一方で、霊的事象の真実を直接観て知るということは、霊的事象についてそれまで自分が間接的に理解してきたことが崩れ去るリスクがあるということでもあり得ます。

そこで、自分の頭で考えついた理論にしがみつくのか、それとも真実を観て知って受けとめるのか。

どちらを選ぶのも個々人の自由ですが、ご感想をくださった方に対して講座を通じて真実を観ることを選択するサポートが多少なりともできたのであれば、実に嬉しい限りです。

ご感想をくださり、どうもありがとうございました。

関連記事

PAGE TOP