1. HOME
  2. ブログ
  3. ただ今までの経験に感謝して、次に行こう、どんな世界が待ってるかなという気持ちです(セッションのご感想)

ただ今までの経験に感謝して、次に行こう、どんな世界が待ってるかなという気持ちです(セッションのご感想)

オリジナルヒーリングセッションをお受けいただいた方からご感想をいただきました。匿名にてご紹介いたします。

本日のセッションはありがとうございました。

[…]がテーマということで、世間的に見ればどろどろとした題材でしたが、カネコさんには丁寧に霊視内容をお伝え頂き、安心してセッションに臨めました。

お伝え頂いた土台は過去生由来の本当に単純なもので、しかしその上に複数の転生に渡って影響するものが乗ってるのだなと。
掘り下げ階層の上下も適宜お伝え頂いたりして、霊的システムの複雑ながらシンプルな構造になるほどなあと納得しつつセッションを受けられたと思います。

そのためか、セッションの後半は、カネコさんのセッション手腕にすごいなぁという気持ちが強く、その一方で、地道にやっていけばこう言った手腕を自分も得られるのかな、成長したいな、という気持ちが湧き上がっていました。

なんでセッション中にそんなこと思ってるんだ?不遜じゃないか??と思ってたのですが…
セッション後に「お前は魔のものだからうまくいかないという呪い」を解いて頂いてから湧き出したと気付き、あ!そうか!そうか、呪われていたことによる何をやってもダメな自分という気持ちから解放されて、自然にこう思えるようになったんだ!と。そういうことか、と納得できました。

セッション後の今は、妙な高揚に陥るわけでもなく、長年勤めた会社の円満退社や学校を卒業したような、過去のことは恨むでも引きずるでもなく、ただ今までの経験に感謝して、次に行こう、どんな世界が待ってるかなという気持ちです。

今日に来るまでの出会い、特にヒーリングを学ばせて頂いたこと、それによりカネコさんのセッションまで来れたこと、そして今日この日があったことは、宝のような経験だなあ、、、としみじみ染み渡るように感じています。

本日は本当に素晴らしいセッションをありがとうございました。

ご感想をいただいたセッションでは、ご本人が仰るように「世間的に見ればどろどろとした題材」がテーマとなりました(テーマの詳細は伏せさせていただきます)。

セッションの現場では、こうしたことは決して珍しいことではありません。

周囲の人に相談できないからこそセッションにいらっしゃる方も多くいます。

そうであればこそ、セッションをご提供する側としては、どろどろとした題材がテーマであっても平常心でいられるようでありたいと思います。

(自分はといえば、様々な事例を見させていただいているうちに、そうした題材でもだんだんと動じなくなってきているように感じています)

セッションを提供する側が当てられて取り乱してしまっては元も子もないですし、嫌悪感を示したり偏見を押し付けたりするのは避けたいものです。

そういう意味では、どろどろとしたものであっても受け止められる(それでいて影響を受けない)だけの寛大さがヒーラーには求められるのだと思います。

今後もより一層の精進をしてまいりますので、皆様どうぞよしなに。

ご感想をいただき、どうもありがとうございました。

関連記事